読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SANEDOME jotdown

大体週休一日

Canada discrimination education indigenous people racism

カナダ: 気まずくさせろ

#MakeitAwkward: Edmonton racial slurs inspire new campaign - Edmonton - CBC News

 エドモントンのいいところを紹介する動画を撮影していた俳優がアフリカ系に対するderogatory termを投げつけられた事件に端を発して、市長とその俳優、Jesse Lipscombeさんが中心となって、人種差別に限らずセクシズム、性的マイノリティに対する偏見や軽蔑を口に出す人たちに立ち向かうキャンペーン、#MakeitAwkwardを立ち上げた。

 動画の存在を最初期に市長に知らせた1人であるBlack Lives Matter Edmonton代表のReakash Waltersさんは、こうした出来事は決してカナダに住むマイノリティとって新奇なものではなく、すでに深刻な問題が存在することを認める必要があるとしている。一方警察は差別と偏見についての対話が始まるのはいい動きとしながらも、過度に攻撃的な態度や暴力沙汰は避けるよう注意を促している。

ウィニペグ大学、学内でのレイシズムに対処するため1年生に先住民関連科目の取得を義務付ける

High hopes for mandatory Indigenous courses set to start at U of W - Aboriginal - CBC

 本日のへーポイント。マニトバ州では先住民系が増加傾向にあるらしい。

The need for general awareness on Indigenous people and culture is significant in places like Manitoba, where Indigenous people are the fastest growing demographic in the province.

According to a 2011 Statistics Canada report, nearly 17 per cent of Manitoba's population identified as aboriginal — four times the Canadian average.

 2年以降も履修を続ける意欲を示す学生は少ないものの、おおむね取り組みに対してはポジティブな反応が多いようである。

(とちゅう)